他社との比較

さまざまな業態のリフォーム業者がありますが、やはりどんな会社にも、
デザインが得意、価格重視、地元密着など得意分野と不得意分野があるものです。

ここでは一般的なリフォーム業者の特徴についてご説明させていただきます。

(1)大手ハウスメーカー

 

保証の面で不安なく依頼できるのは、大きなメリットといえます。
ただし、実際に施工するのは下請けや孫請けの業者です。

マニュアル通りに施工を進めるため、極端な手抜き工事をされるという心配はないかもしれませんが、その反面、それぞれの家に合った工事内容への融通が利かないといったデメリットも生じます。
また、大手ハウスメーカーでの施工の場合、営業マンに伝えたはずの情報が、
下請けの施工業者に伝わっていない、または、間違って伝わっていたというトラブルもよく耳にします。

<メリット>

保証や補償について安心できる。

<デメリット>
  • 下請けや孫請けの会社が工事を行っているため、施工の品質に差がある。

  • 工事内容の融通が利かない。

  • 価格が異常に高い。

(2)訪問販売会社

 

訪問での営業を行っている会社は、得てして価格での勝負をしているケースがほとんどです。

依頼する側にとっては、費用は安いに越したことはありませんが、リフォームの中で一番「手抜き工事」や「悪質業者」によるクレームが多いと言われているのが外壁や屋根の塗装工事です。

大幅な値引きや最安値をうたうキャンペーンなどでのセールスには、ぜひ慎重に対応していただくことをおすすめします。

<メリット>

そこそこ低価格での施工が可能。→要注意!

<デメリット>
  • 施工の品質が保証されない。

  • アフターフォローなどの保証が曖昧。

(3)ホームセンター

 

最近はホームセンターなどでもリフォーム工事を依頼することができます。
価格も大手と比べると安く施工できるといえます。
しかし、この場合も実際に施工するのは下請の業者です。
また、大手ハウスメーカーのように、マニュアルや施工基準などを定めていない、施工管理も下請けに丸投げといったことがほとんどのため、営業担当者には、塗装の知識が乏しく、工事の品質には不安が残ってしまいます。

また保証についても、事前に確認しておく必要があるでしょう。

<メリット>

大手と比べると安い費用で済む。

<デメリット>
  • 施工管理を下請けに丸投げしているため

  • 品質に不安が残る。

  • 営業の担当は、塗装の知識がないことが多い。

(4)町の塗装店

 

地元の塗装店に依頼するメリットは、やはり地域密着としてスピーディーな対応が可能という点でしょう。

また、地元で長らく経営している会社であれば、ある程度の信頼性もあるといえます。
ただし、下請けをメインで行っている場合、
アフターケアや保証に関しては決して手厚いとはいえないケースもあり、施工品質に関しても、あまりこだわりを持たないという面が見受けられます。

<メリット>

スピーディーな対応が可能。

<デメリット>
  • 施工の品質にバラつきがある。

  • 瑕疵保険を利用できない場合も多い。

  • アフターフォローなどの保証について要確認。

(5)YaMa建装

私たち、YaMa建装が行うリフォーム工事の特徴は

私たちはシーリングという業種でこの業種は

サイディング屋さんの工事と塗装屋の工事の間に入る業種です。

なので、様々な塗装屋さんやサイディング屋さんと出会い、

元請けの評判を聞き、この目で職人を見て来た中で

何十社もの中から一流の職人を紹介できます。

そしてその中からお客様に合った業者をを何社か厳選し、見積もりを依頼します。

費用を抑えたいというお客様には、
デメリットもご説明をした上で、施工内容をお客様にお選びいただくようにしております。

そして他にも塗装、壁の張り替え以外にも

造園、外構、屋外バリアフリーも得意としているので私たちにお任せ頂ければ幅広く対応可能です。

<メリット>
  • お客様に合った一流の業者を紹介できる。

  • 幅広い工事内容

  • お選びいただける価格設定。

  • 安心の保証制度

<デメリット>
  • 一流の職人の手を守るためにもキャンペーンやセール、​は行いません。

POINT!
大切なのは、高い技術を持った職人による施工です!