外構工事といわれる工事は何をする工事なのか?

 外構工事とは、家(建物)の外で行われる敷地内の工事のことです。最近では「エクステリア工事」と呼ばれることもあります。

土地の形状や家の形状などによって、工事内容が異なってくるため、工事はそれぞれの家に合わせたオーダーメイドで行われます。

少し庭の様子を思い浮かべてみても分かるように、外構工事には、門塀、植栽、カーポートなど、数多くの種類があります。

どのような工事があるのか、具体的に紹介していきましょう。

iStock-954655956.jpg.webp
玄関と門塀

 外構工事は、敷地を囲う塀やフェンスの設置が基本になりますが、近年ではあえて塀を設置しないオープン外構を選択する人も増えてきました。

出入口となる門には、門柱、門扉、表札、ポストを設置するのが一般的です。玄関までに至るアプローチは、泥汚れを防ぐために、タイルや踏石を設置します。

敷地の高さは、水が入り込まないように道路より高く設定していることが多いため、アプローチの途上は階段を設けることもあります。

これらの工事を行った場合、工期は約1~2週間になります。

それでは、工事費用はどのくらいになるのでしょうか。

空洞ブロック3段積に高さ1.0mのメッシュフェンスを10m設置した場合、費用相場は約30万~35万円です。

門は空洞ブロック7段積み幅4mの袖門とし、門扉、門前照明、表札、ポストを取り付けた場合、費用相場は約50万~70万円となります。

玄関アプローチは、300角タイル仕上げとし、10平方メートル施工した場合、費用相場は約40万~50万円です。

テラスやガーデンルーム

 住宅の憩いの場として、リビングの掃き出し窓の外部に、テラスやガーデンルーム、ウッドデッキなどを設けることがあります。

また庭のスペースを癒しの空間とするために、低木や高木などの植栽をしていくことがありますが、こうした造園工事も外構工事に含まれます。

これらの工事の工期は、それぞれ約1日~3日です。テラスの費用相場は、間口3.6m×奥行1.8mの取付工事で約60万~75万円となります。

ガーデンルームを設置した場合の費用相場は、間口3.6m×奥行1.8mで約70万~85万円です。

樹脂製ウッドデッキを6平方メートル設置した場合の費用相場は、約30万~40万円かかります。

植栽は成長した高木を植えてもらうと高価になりますが、高さ1.0m~1.5mの苗木を植えてもらうと比較的安価に施工できます。

高木の苗木を5本植えた場合の費用相場は、約3万円~4万円です。

駐車スペース

車を所有する家では、駐車場となるスペースにカーポートを設置したり舗装をしたりする外構工事を行います。

カーポートの設置と舗装を行い、伸縮門扉を取り付けた場合の工期は約1週間です。

これは、カーポートの基礎が硬化するまでの養生期間を取るためで、実際に作業する期間は2日程度です。

これらの工事の費用相場は約50万~60万円です。

カーポートの代わりに箱形のシャッター付ガレージを設置する場合がありますが、この場合の費用相場は約45万~55万円となります。